お肌のハリには化粧品が重要です|衰えを知らない素肌

垂れたまぶたを治すには

微笑むレディー

眼瞼下垂とは、まぶたが垂れ下がっている状態のことです。先天性のものもありますが、多くの場合は加齢や肌のハリの減少によるものです。眼瞼下垂は、手術による一時的な後遺症である場合をのぞき、自然に治ることはあまりありません。そのため、大きく改善するには何らかの手術が必要となってきます。まぶたは非常に繊細な部分なので、上手に手術を行わないと逆に症状が悪化することもあります。手術方法にもいくつか種類があり、向き不向きもあります。そのため、眼瞼下垂の施術における名医とは、単に手術がうまい医師ではなく、きちんとカウンセリングを行い、適切な方法を患者とともに考えて選択してくれる医師といえます。そうした名医に出会うためには、無料のカウンセリングを多く受けることがおすすめです。

まぶたは非常に繊細な部分である上、目立つ部分でもあるのでわずかな左右差や違いでも目立ってしまいます。いかな名医でも患者が100パーセント満足できる手術をするのはなかなか困難です。また、まぶたは腫れやすいため術後しばらくは腫れがあり仕上がりを確認できません。そのため、医師本人も患者もある程度しないと仕上がりがわからないというリスクがあります。また、そうした問題点を少なくした切らない手術という方法もあります。従来の手術が皮膚の方からのアプローチであるのに対し、切らない手術は目の中からのアプローチのため、傷跡も目立たず腫れも少ないというメリットがありますが、結膜炎などの副作用のおそれもあります。眼瞼下垂の仕上がりに満足するためには、きちんと副作用や術後の危険性や注意点について説明してくれる、自分にとっての名医を探すようにするのが大事です。